2%物価目標、異次元緩和10年目も未達 日銀見通し

2020/4/21 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は新型コロナウイルスの感染拡大による景気の急速な悪化を踏まえ、27~28日に開く金融政策決定会合で経済や物価の見通しを大幅に引き下げる検討に入った。異次元緩和の開始から10年目になる2022年度の消費者物価上昇率も2%目標に届かないとの予測を示す方向だ。1%弱としていた20年度の実質成長率は一転してマイナス成長との見通しを示す。

日銀は同会合で四半期に1度の「経済・物価情勢の展望(展望リポー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]