超党派議員団、新型コロナで靖国参拝見送り 春季例大祭

2020/4/21 17:30
保存
共有
印刷
その他

超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は21日、東京・九段北の靖国神社で始まった春季例大祭に合わせた集団参拝を見送った。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛を受けた。22日までの期間中の参拝も見送る見通し。

靖国神社は新型コロナの感染拡大を受け、春季例大祭の期間を例年の3日間から2日間に短縮した。2019年の秋季例大祭に合わせて参拝した高市早苗総務相と衛藤晟一・一億総活躍相も今回は参拝しない考えだ。

安倍晋三首相は21日、「内閣総理大臣 安倍晋三」名で真榊(まさかき)とよばれる供物を靖国神社に奉納した。閣僚では高市氏と加藤勝信厚生労働相も真榊を奉納した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]