モトローラ、AIカメラ搭載のスマホ発売

2020/4/21 16:55
保存
共有
印刷
その他

中国レノボ・グループ傘下のモトローラ・モビリティ・ジャパンは21日、SIMフリーのスマートフォンの新製品2機種を28日に発売すると発表した。カメラに人工知能(AI)エンジンを搭載し、撮影シーンに応じて設定などを自動で最適化する。新型コロナウイルスで販売に影響が見込まれるなか、商品群の拡充でSNS(交流サイト)への写真投稿などを楽しみたい消費者に訴求する。

発売するのは「moto g8」(直販サイトで2万5800円)と「moto g8 power」(同3万2800円)の2種類。「moto g8」は1600万画素のメインカメラなど3つのカメラを搭載し、幅広い撮影シーンに対応する。一方で「moto g8 power」は1回の充電で約2日間使えるバッテリーが特徴だ。

新製品は第7世代となる「moto g7」シリーズの後継機として位置づける。第8世代目「moto g8」シリーズでは、3月に「moto g8 plus」が当初の予定よりも遅れて発売した。新型コロナウイルスの感染拡大で製品の供給に影響が出ていたが、足元では中国の工場が正常に稼働を始めるなど生産体制は回復しつつあるという。(清水孝輔)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]