/

この記事は会員限定です

コロナでアビガン臨床研究、軽症者を対象に検証

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに効く治療薬を見つける臨床研究や観察研究が国内で相次ぎ始まった。中でも注目されているのが、抗インフルエンザ薬の「アビガン」(一般名ファビピラビル)だ。無症状や軽症者を対象にアビガンの効果を確かめる臨床研究を始めた藤田医科大学の土井洋平教授に研究の狙いなどを聞いた。

――アビガンで臨床研究をする理由は何ですか。

「日本や中国ではアビガンが効いたという症例報告はあるが、どの程度有効か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン