/

新型コロナ治療薬審査、厚労相「できる限り短く」

加藤勝信厚生労働相は21日、新型コロナウイルス感染症の治療薬の承認審査について「できる限り短期で対応したい」と述べた。審査を迅速化する厚労省の制度では審査期間を6カ月まで縮める目標があるが「6カ月にこだわるつもりは全くない」とした。

持ち回りの閣議後の記者会見で述べた。候補薬の「アビガン」は6月末に治験が終わる計画で、順調に進めば年内に承認に至る可能性がある。

新型コロナを巡ってはアビガンなど、別の病気の治療のために開発された薬を転用できるよう、治験や研究が進められている。製薬会社が日本で薬を製造したり販売したりするには治験後に審査機関から審査を受け、厚労省から承認を得る必要がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン