/

出光興産の前期、250億円の最終赤字 原油安響く

(更新)

出光興産は21日、2020年3月期の連結最終損益が250億円の赤字になったようだと発表した。従来予想(1000億円の黒字)から1250億円下方修正する。新型コロナウイルスの影響で石油製品の需要が減少し、製品販売の利幅が大幅に縮小する。原油価格の急落により在庫評価損も拡大する。

19年4月に経営統合した昭和シェル石油との2社合算ベースの前の期(945億円)に対し、従来の6%増益予想から一転して赤字となる。

新型コロナによる需要減や産油国による減産協議の不調を受け、原油価格は歴史的な安値水準で低迷する。20日のニューヨーク原油先物市場では史上初めて価格がマイナスとなった。アジア市場の指標となる中東産ドバイ原油も、足元で1バレル20ドル前後と年初に比べ約7割下落し、出光興産の想定レート(60ドル)を大幅に下回る。

売上高は6兆円と従来予想を1000億円引き下げた。営業損益は50億円の赤字と1700億円下方修正した。営業損益ベースでは燃料油事業で1410億円の下方修正となる。ガソリンの販売利幅の縮小などで790億円、石油製品の在庫評価損で620億円利益を引き下げた。

基礎化学品事業も約300億円下方修正する。パラキシレンなどが需要減で大幅に値下がりした影響が出た。年間配当は従来予想の160円を据え置いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン