/

この記事は会員限定です

中小M&A手数料で指針 経産省、根拠明示求める

[有料会員限定]

経済産業省は中小企業のM&A(合併・買収)を手がける業者が不当に高い仲介手数料を取るのを防ぐ指針をまとめた。手数料の根拠や支払時期をあらかじめ説明するよう求め、悪質な業者を排除する。優れた技術を持ちながら後継者難に悩む企業の事業承継などが円滑に進む環境を整える。

指針は成功報酬や着手金などの一般的な水準を示した。「複数の業者を比較検討することが望ましい」と明記した。中小企業側に不安がある場合は他...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン