ショウエイ、富士ゼロックス特許で滑り止めシート開発

2020/4/21 17:06
保存
共有
印刷
その他

滑り止め工事を請け負うショウエイ(横浜市)は、富士ゼロックスの特許技術を活用し、メンテナンスが容易な「透明滑り止めシート」を開発した。川崎信用金庫と横浜企業経営支援財団が取り組む「知的財産交流事業」を通じて、特許使用のライセンス契約を結び、商品化した。

ショウエイが開発した滑り止めシート

富士ゼロックスの特許は、汚れが付きにくく滑りにくいうえ、細かな傷が付いても時間がたつと自己修復する性質の特殊塗料。骨材を混ぜ込み、薄く強度の高い接着シートに塗布した。シートを床や階段、手すりなどに貼って使う。

販売予定価格は幅5センチ、長さ10メートルで6千円。幅60センチ、長さ60センチで5千円。

高齢者を中心に転倒、転落による事故が増えていることから、飲食店、商業施設、金融機関、病院、介護施設、温泉施設、交通機関などに向けて広く売り込んでいく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]