トヨタ、欧州研究拠点の社名変更 車開発で協力深化

2020/4/21 19:30
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は20日、欧州の研究開発拠点トヨタモータースポーツの名称を「ガズーレーシングヨーロッパ(TGR-E)」に変更したと発表した。TGR-Eは、トヨタでモータースポーツ事業やスポーツカー開発を担うガズーレーシングカンパニー(GRC)と共同で事業を行っており、今後も関係を深める方針を名称で示した形だ。

トヨタモータースポーツ(現・ガズーレーシングヨーロッパ)が開発し、2018年に公開されたコンセプト車

TGR-Eはドイツのケルンに本社を置く。トヨタの完全子会社で、欧州でのモータースポーツ活動の拠点だ。自動車レースに精通するエンジニアも多いため、これまでもGRCのスポーツカー開発に携わってきた。社名変更を機に一層の協力を進め、モータースポーツで培った技術を市販車に生かしていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]