/

この記事は会員限定です

「コロナで破綻させない」第一勧業信組理事長に聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、飲食店など多くの中小零細事業者が厳しい経営を迫られている。中小零細の融資先が多い第一勧業信用組合(東京・新宿)の新田信行理事長に対応を聞いた。

――融資先の現状は。

「1000万円以上を融資している約2500社の4割から資金繰りの相談がきている。飲食店やバーが多い銀座の営業店では、ほぼ全ての取引先から条件変更の要請がきてパンク気味だ。コロナの影響がなければ倒産しない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン