「スマホ当たり屋」暗躍 弁償名目で詐欺

スコープ
コラム(社会・くらし)
2020/4/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

車や歩行者にわざとぶつかって治療代を請求する「当たり屋」の手口が変わりつつある。接触して壊れたスマートフォンを落とし、弁償名目などで現金をだまし取る被害が相次ぐ。通話からキャッシュレス決済までこなすスマホは生活や仕事に不可欠で、焦りや動揺に乗じてつけ込まれやすい。専門家は「まずは事故として警察に届け出を」と呼びかける。

2019年7月、大阪市旭区の路上。20代の男が移動中の車のドアミラーに接触し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]