途上国、新型コロナの危機深刻

2020/4/23 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アフリカなどでは新型コロナの危機が深刻度を増している。世界銀行は4月「低中所得国の多くはパンデミック(世界的な大流行)の初期段階だが、影響はすでに広がりつつある」との声明文を発表した。エチオピアは医療体制が逼迫し、ハイチやモンゴルでは医療スタッフが不足しているという。

世銀は途上国の現状を踏まえ、1年3カ月間で最大1600億ドル(約17…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]