/

長倉三郎氏が死去 元日本学士院長

物理化学の分野で顕著な業績を挙げ、日本学士院長を務めた東京大名誉教授の長倉三郎(ながくら・さぶろう)氏が4月16日午後7時40分、老衰のため東京都内で死去した。99歳だった。告別式は近親者で行った。喪主は妹、西島静子さん。

 長倉三郎氏(共同)

分子の電子構造と化学反応の関係を解明する「電荷移動理論」を確立。1981年には化学者の国際組織「国際純正・応用化学連合」(IUPAC)の会長に日本人で初めて就任、90年に文化勲章を受章した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン