/

この記事は会員限定です

「平成アイドル水滸伝」太田省一さん

多様化したスター、社会の変化映す

あとがきのあと

[有料会員限定]

「『スター誕生!』は見ていたし、70年代は桜田淳子のファン。80年代は中森明菜や中山美穂といったツッパリ系が好きだった」とアイドル愛を熱く語る。社会学者としてメディアと社会や文化の関係を多角的に分析してきた。「アイドル冬の時代」という言葉を使わず、「多種多様なアイドルが誕生した」平成の女性アイドル論を世に問うた。

昭和のアイドルはテレビの歌番組を中心に活躍した。それがなくなってからの平成のアイドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン