/

首相、外出自粛「地域によっては不十分」 緊急事態宣言から2週間

協力に謝意

安倍晋三首相は21日午前、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言に関し、国民の外出自粛への協力に謝意を示した。「地域によっては不十分なところがある」とも語り、一段の協力を要請した。宣言の発令から2週間がたったのを受け、首相官邸で記者団の質問に答えた。

首相は国内の累計感染者数が1万人を超えたことに触れ「医療現場は大変状況が逼迫している」と懸念を示した。「命を守るためにも外出は控えていただきたい」と改めて自粛を求めた。

先週末は「東京から地方への人の流れがあった」と指摘した。そのうえで「家族だけであっても地方への旅行は当分控えていただきたい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン