/

アステラス製薬、16億円で英新興買収

創薬の研究技術を活用

アステラス製薬は21日、英バイオベンチャーのナンナセラピューティクスを1200万ポンド(約16億円)で買収したと発表した。研究の進捗によって最大計6950万ポンド(約90億円)支払う。同社は細胞内のミトコンドリアの異常による疾患に対する創薬を研究する。アステラス製薬はこの分野に注力する方針を掲げており、研究開発(R&D)を加速する。

ナンナ社の創業者や従業員らから株式を取得した。同社は2012年設立のバイオベンチャー。創薬研究で化合物に有効性があるかどうか調べる際の独自技術を持っており、これまでにない化合物を見つけ出せる可能性がある。

ナンナ社は加齢に伴って起きるミトコンドリア関連疾患などの研究を進めており、アステラス製薬もこの分野に注力する。ミトコンドリアの遺伝子などに異常があると、末梢(まっしょう)神経や骨格筋、心筋などに障害が出るという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません