クルーズ船で1人感染 長崎市で停泊中、乗客なし

2020/4/21 10:01
保存
共有
印刷
その他

長崎県と長崎市は20日、同市香焼町に停泊中のイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」で、船会社社員1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

県などによると、乗員は外国人623人で、乗客はいなかった。濃厚接触者は既に検査済みで陰性だった3人を含む56人という。1月29日に同市に入港し、同県壱岐市で県内初の感染者が確認された3月14日以降、人の乗り降りはなかった。

船会社はコスタ・クロティエーレ。クルーズ船は当初、中国で修繕工事をする予定だったが、各地での感染拡大を受け長崎市に入港。4月末まで停泊する予定だった。工事を受注した三菱造船によると、濃厚接触者は隔離されており、他の乗員らは換気ができるベランダ付きの部屋に移動した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]