豪航空ヴァージンが経営破綻 新型コロナで需要急減

2020/4/21 8:27
保存
共有
印刷
その他

ヴァージン・オーストラリアは豪航空2位、国内では3割のシェアを持つ(ブリスベン)=AAP

ヴァージン・オーストラリアは豪航空2位、国内では3割のシェアを持つ(ブリスベン)=AAP

【シドニー=松本史】オーストラリア航空2位のヴァージン・オーストラリアは21日、日本の民事再生法の適用申請に相当する任意管理手続きに入ったと発表し、事実上、経営破綻した。ヴァージンはかねて業績不振に陥っていたが、新型コロナウイルスによる需要急減が追い打ちをかけた。新型コロナを受けた航空大手の破綻は、世界で初となる。

豪メディアによると、負債総額は約50億豪ドル(約3400億円)。ヴァージンはこれまで豪政府に14億豪ドル(約950億円)の支援を求めていたが、「必要な支援がいまだ得られていない」(同社)状況だ。ヴァージンは管財人に、大手会計事務所、デロイトの幹部を指名した。運航は継続し、ポール・スカラー最高経営責任者(CEO)ら経営幹部も続投する。

スカラー氏は21日の声明で「今日の決定はヴァージンの未来を保証し、新型コロナの危機収束後、(再び)頭角を現すためのものだ」と述べた。また、「豪州には(最大手のカンタス航空に次ぐ)第2の航空会社が必要だ。我々は運航を続ける」と事業の継続を強調した。

ヴァージンは、英「ヴァージン・レコード」を創業した実業家、リチャード・ブランソン氏が率いるヴァージン・グループの豪子会社として設立された。2000年に豪国内線に参入し、低価格を武器に路線を積極的に拡大した。

ただ、格安航空会社(LCC)などとの激しい価格競争が続き、経営が悪化した。19年6月期は燃料コストの負担増もあり、最終損益が3億4900万豪ドルの赤字で、7期連続の赤字となった。

豪政府は新型コロナの感染拡大を受け、外国人の入国や豪州人の海外旅行を原則として禁止している。ヴァージンは3月末からすべての国際線を運休、国内線も9割削減、従業員の約8割に当たる8千人を一定期間休業させる「一時帰休」としていた。

調査会社IBISワールドによると、2019年、ヴァージンの豪国内線のシェアはカンタス(60%)に次ぎ約3割を占める。今年に入り、全日本空輸(ANA)と提携し、3月に日本路線への参入を決めていたが、新型コロナの影響で、計画を延期していた。新型コロナを受け、中小規模の航空会社では、3月に英地域航空会社のフライビーが経営破綻している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]