/

NYダウ反落、約600ドル下げ 原油価格急落が心理冷やす

【NQNニューヨーク=川内資子】20日の米株式相場は3営業日ぶりに反落した。ダウ工業株30種平均は前週末比595ドル89セント安の2万3646ドル60セント(速報値)で終えた。ニューヨーク原油先物相場が史上初のマイナス価格に落ち込み、投資家心理を冷やした。新型コロナウイルスが収束に向かうとの期待から前週末に相場が大きく上げた後で、目先の利益を確定する目的の売りも出た。

経済活動の停止が長引き、米国では原油在庫が積み上がっている。在庫の貯蔵能力の限界に達するとの見方から、損失覚悟で原油を売る動きが急速に進んだ。期近の5月物は午後にマイナス40ドル程度まで下落した。採算悪化への懸念からエクソンモービルなど石油株や資本財株などが売られた。

中国の顧客からの小型機「737MAX」の受注が取り消されたと伝わった航空機のボーイングが下落。新型コロナによるテーマパーク事業の下押し懸念が強まった映画・娯楽のウォルト・ディズニーも大幅安。

一方、消費者の「巣籠もり消費」の恩恵を受けるとの見方から、ネット通販のアマゾン・ドット・コムや動画配信のネットフリックスなどハイテク大手の一角が買われた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン