/

この記事は会員限定です

株主至上主義、行き過ぎを懸念 経済学者ラゾニック氏

コロナと資本主義 米マサチューセッツ大名誉教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、過剰な自社株買いなどで「レバレッジ経営」に傾斜しすぎた企業が苦しんでいる。資本主義経済のなかで、企業とは本来、どう振る舞うべきなのだろうか。米経済学者のウィリアム・ラゾニック氏に聞いた。

――資本主義において企業はどんな役割を担うべきだと考えますか。

「企業の目的は利潤を最大化することだという経済学者も多いが、そうは思わない。企業の目的は消費者が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン