/

ホンダ、狭山と寄居工場を一時停止 4月下旬に

ホンダは20日、乗用車を生産する狭山工場(埼玉県狭山市)と寄居工場(同県寄居町)を4月下旬から一時停止する方針を明らかにした。新型コロナウイルスの影響で国内外の部品供給が滞っているため。2工場での影響台数は合計で約4千台とみられる。

狭山工場を27日~5月1日、寄居工場を27~29日までそれぞれ生産休止する。2つの工場では多目的スポーツ車(SUV)の「ヴェゼル」やミニバンの「ステップワゴン」などを造っている。一時停止を受け、納期遅れが出る可能性が高い。

ホンダのコロナ問題を受けた乗用車工場の一時停止は16~17日の狭山工場だけだった。寄居工場の生産停止は今回が初めてで、小型車「フィット」などを造る鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)は一部の生産ラインを24日まで止めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン