香川・愛媛も軽症者向け施設 松山空港、到着客に検温も
新型コロナの対応加速

2020/4/20 19:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緊急事態宣言の全国への拡大と感染者数の増加を受け、四国の自治体の新型コロナウイルスへの対応が加速している。香川県と愛媛県は20日、それぞれ軽症者向けに宿泊施設を確保した。愛媛県は同日から松山空港で、注意喚起のため東京や大阪などからの到着客に対する検温を始めた。

■香川 軽症者向け100室確保

香川県は20日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、軽症者向けの宿泊療養施設1棟を確保したことを明らかに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]