人工流れ星のALE、衛星不具合で年内の実現断念 23年に延期へ

2020/4/20 19:46
保存
共有
印刷
その他

人工流れ星のビジネスを目指すALE(東京・港)は20日、2019年12月に打ち上げた衛星に不具合があり、この衛星で流れ星を人工的に作る実験ができないと発表した。計画していた20年内の実験は断念し、23年の流れ星実現を目指して次の衛星開発を進めるという。

同社は昨年ニュージーランドから衛星の2号機を打ち上げ、高度400キロメートルの軌道に投入した。衛星の動作を確認した後、20年内に実験を始める予定…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]