/

この記事は会員限定です

徳島市の内藤新市長「コロナ対策を最優先」

知事と会談

[有料会員限定]

徳島市の内藤佐和子新市長は事実上の公務スタートとなった20日、記者会見し「市内の飲食店や観光業は疲弊している。新型コロナウイルス対策をしっかりやっていきたい」と述べ、新型コロナ対策を最優先の政策課題に挙げた。内藤市長は同日、飯泉嘉門県知事と会談し、空席となった副市長ポストを含む県と市との人事交流を求めた。

内藤市長は「新型コロナ対策では地域の実情を踏まえ、子育て世代や飲食店などに配慮が行き届いた支...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン