/

この記事は会員限定です

交通維持へ補助金早く 両備グループの小嶋代表

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出の自粛で、各地の地方公共交通がピンチを迎えつつある。緊急事態宣言の下でも鉄道やバスは運行継続が求められているが、利用者が落ち込む。どのように交通網を維持すべきか、岡山県を中心に路線バスや鉄道を手掛ける両備グループ(岡山市)の小嶋光信代表に聞いた。

――バスや路面電車の利用が急減しています。

「現時点で地方の事業者の8割が赤字経営で、コロナ・ショックが長引くと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン