/

この記事は会員限定です

ディープな起業を今こそ 大企業700社にも役割

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

ソフトバンクグループが先週、ファンド事業の損失が膨らみ2020年3月期の最終損益が巨額の赤字になったもようだと発表した。ユニコーン企業を実力以上に評価し、前のめりに資金を出した後始末に追われるところに、新型コロナウイルスが襲った。ベンチャー投資にブレーキをかける。

同社に限らない。米ベンチャーキャピタルの500スタートアップスが139の投資家に尋ねると、84%が創業間もない会社の資金調達にコロナが打撃になると答えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1908文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン