/

この記事は会員限定です

中国、香港の議会運営に介入 米欧混乱の間隙つく

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】中国政府が香港民主派への強硬な姿勢を鮮明にしている。立法会(議会)議員の資格取り消しをちらつかせて議事運営に介入したり、穏健派と目される15人の逮捕を擁護したりした。米欧をはじめ世界が新型コロナウイルスへの対応で混乱している間隙をつく形で、9月の立法会選挙へ攻勢を強める狙いがある。

香港では昨年「逃亡犯条例」改正案をきっかけに大規模な抗議活動が起きた。約7700人が逮捕された。民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン