/

宮城県、ドライブスルーでPCR検査 21日から仙台市で

宮城県の村井嘉浩知事は20日、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査について「ドライブスルー方式」を導入すると発表した。対象者を車に乗せたまま検体を採取するもので、感染者の拡大を受け21日にも仙台市内1カ所で始める。

ドライブスルー方式の導入を発表した宮城県の村井嘉浩知事(20日、県庁)

対象者が建物に入ることがないため、検体を効率的に集めることができ、感染リスクの軽減にもつながるという。設置場所は非公表で、東北大学病院の「臨時診療所」という位置づけになる。PCR検査キットの供給には楽天が協力する。帰国者・接触者相談センターが認めた人が対象で、村井知事は「導入により一日100検体を採取できる」と強調する。

県が実施可能な1日160件のPCR検査の件数は変わらない。同方式を巡ってはこれまで、仙台市内で感染者集団(クラスター)が発生したことを受け、陸上自衛隊が一時的に導入したことがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン