プライバシーの公共性 東北大学名誉教授 原山優子

エッセー
2020/4/30 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主主義の根幹に個人の尊重があり、その柱の一つにプライバシーの保護が存在する。「公」に対して「私」を担保する仕掛けだが、社会システムのデジタル化が進む中、改めて注視されるようになってきたのがパーソナルデータ。姓名、生年月日、住所といった個人の識別を可能にする情報、いわゆる個人情報に対して、個々の人がSNS(交流サイト)などを介して発信、受信、共有するデータ、そして移動、購買といった行動を取ること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]