/

この記事は会員限定です

韓国文大統領の後継選び、人気重視か側近か

[有料会員限定]

「重く、恐ろしいほどの責任を感じる」。韓国の革新系与党、共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)前首相は総選挙翌日の16日、心境をこう語った。選挙対策委員長を務め、自身もソウルの選挙区で保守系野党、未来統合党の黄教安(ファン・ギョアン)代表を破った。もともと文在寅(ムン・ジェイン)政権のナンバー2。選挙を通じ、評価をさらに高めた。

韓国の大統領は1期5年しか務められない。総選挙を終えた政界の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン