/

大阪府、無症状や軽症者受け入れホテル 新たに2カ所

大阪府は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新たに宿泊研修施設「大阪アカデミア」(大阪市住之江区)と「アパホテル大阪肥後橋駅前」(同西区)で無症状・軽症の感染者を受け入れると発表した。計1165室を確保した。アカデミアは22日、アパホテルは24日から受け入れる。

府は増加が見込まれる重症者向けの病床を確保し、医療崩壊を防ぐ目的で、民間のホテルを借り上げて無症状や軽症の感染者を受け入れている。400室を確保した「スーパーホテル大阪天然温泉」(西区)では14日に受け入れを始め、19日時点で37人が療養している。府は5月までに軽症者向けに宿泊施設3000室の確保を目指している。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン