高齢者と対面接触せずに健康管理、米テラスなど

2020/4/20 15:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スタートアップの間で介護施設や自宅にいる高齢者と対面での接触を減らしながら見守り支援する動きが広がっている。せきや転倒といった動作を検知したり、電力使用量から安否を確認したりできる。新型コロナを警戒して人との接触を減らす高齢者は多く、安全をアピールして利用拡大につなげる。

米テラス・ユー・ケア(カリフォルニア州)は非接触で健康状態を見守る小型レーダーで、せきを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]