3Dプリンターでナイロン粉末原料のマスク 綾瀬市の機器メーカー

2020/4/20 19:29
保存
共有
印刷
その他

自動車関連機器製造のKYOEI(神奈川県綾瀬市)は機械製造用の3Dプリンターを活用し、新型コロナウイルス感染拡大の影響で不足するマスクの開発を始めた。ナイロン粉末を原料に作った厚さ1ミリメートルのガードに布やガーゼなどを挟んで、マスクとして使用できる。綾瀬市と連携し、市職員が使って実用性を分析した上で、医療機関などに寄贈も検討する。

マスクはナイロン粉末が原料で硬い。布やガーゼを挟んで使う。

同社は自動車部品の検査器具を3Dプリンターで製造している。同社で使用されていなかった資材のほか、交流のある素材メーカーなどにも協力を求め、ナイロン粉末を集めて製造を進めるという。

中性洗剤で洗浄すれば、再利用が可能だ。今後は実用性を検証した上で「医療関係者など、足りないところで少しでも役に立てば」と無償提供を検討している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]