AIが発見したナスカの地上絵
ハイテクが拓く古代研究(中)

2020/4/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

古代の実相を科学の「眼」で見通す試みが進む。関西では宇宙線を利用して古墳の内部を透視する実験が続く。南米ペルーのナスカ台地では地上絵の探索に人工知能(AI)を活用している。

大阪府高槻市に巨大前方後円墳、今城塚古墳がある。宮内庁が指定する継体天皇陵ではなく「こちらが真の継体陵」との説が有力視されている。

埴輪(はにわ)のレプリカが並ぶ公園となっている古墳の一角にコンテナ様の箱が置かれたのは20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]