/

この記事は会員限定です

消費増税対策の商品券、申請4割 複雑な手続きを敬遠

[有料会員限定]

政府が消費増税対策として導入した低所得者向け「プレミアム付き商品券」の申請率が最終的に4割程度にとどまっていることがわかった。手続きが複雑で、あらかじめ購入資金を工面する必要がある点が敬遠されたようだ。商品券を持っていると、低所得者と周囲に知られる問題もあった。

政府は2019年10月の消費税率の引き上げに合わせ、プレミアム付き商品券の販売を始めた。対象は子育て世帯と住民税非課税の所得が低い人。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン