/

この記事は会員限定です

くすぶるロックダウン法案 政治にその力量はあるか

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、首相の安倍晋三は緊急事態宣言を全国に広げた。外出自粛や休業で「接触の8割削減」を要請してもなお瀬戸際が続く。欧米流の強制力を伴うロックダウン(都市封鎖)を可能にする法制整備論も与野党にくすぶる。経済社会への感染症の脅威の抑止と、国民の自由や権利の制限にどう折り合いをつけるか。国家統治の力量にかかってくるが、心もとない。

国民と維新が「提案野党」競う

「接触...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン