/

この記事は会員限定です

グラブ出資3つの決め手 三菱UFJのアジア観

本社コメンテーター 上杉素直

[有料会員限定]

新型コロナウイルスが猛威を振るい、人々の暮らしや日常は様変わりした。世界の成長センターと期待される東南アジアの国々も例外ではない。住民が外出を控えるために交通サービスが落ち込む半面、食品の宅配など巣ごもり消費が勢いづく。そんな変化が関連ビジネスにどんな影響を与えるのか、日々じっと見つめる面々が三菱UFJ銀行にいる。シンガポールに本社を置くユニコーン企業、グラブと2月に交わした資本・業務提携を担うデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3165文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン