「10万円給付」補正予算案決定へ 歳出総額25.7兆円
異例の組み替え 事業規模117兆円

2020/4/20 10:45 (2020/4/20 13:23更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は20日午後の臨時閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策を裏付ける2020年度補正予算案を組み替えて決定し直す。減収世帯への30万円支給を撤回し1人あたり一律10万円を給付する費用を計上する。

一般会計の歳出総額は16.8兆円から8.9兆円程度増えて約25.7兆円となる。緊急経済対策の事業規模は約108兆円から約117兆円に膨らむ。

家計と事業者向けの現金給付は当初予定の6.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]