/

補正予算案、20日に決定 異例のやり直し 10万円給付で

政府は20日の閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する緊急経済対策を裏付ける2020年度補正予算案を決定し直す。7日に決めた対策に盛った減収世帯への30万円支給を撤回し、国民1人あたり10万円を給付する財源を計上する。補正予算案の閣議決定をやり直すのは初めてだ。

20日に与党の党内手続きを経て、臨時閣議で決める予定だ。変更は一律10万円に必要なお金を追加するためだ。所得制限は設けず、12兆円超の財源が必要になる。27日に国会提出して早期成立をめざす。

30万円の給付策は約1300万世帯を対象に4兆円の経費がいると想定していたが、与党で制度の複雑さなどに批判があった。16.8兆円と見込んでいた補正の歳出総額は単純計算で8兆円超増える見通しだ。赤字国債の発行増額で賄う。

いったん閣議決定した予算案を組み替えて再び決めるのは過去に当初予算で3回あるだけだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン