民訴手続き、25年度に全面ネット化 訴状提出や口頭弁論

社会・くらし
2020/4/19 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は2025年度から民事裁判手続きを全面オンライン化する。訴状の提出や口頭弁論、手数料の納付がインターネットで可能になる。裁判手続きを簡素化し、判決までの時間を短縮する。20日の関連会合で公表する。

現行の民事裁判手続きは裁判所への書類持ち込みや郵送、ファクスに限られている。まず20年度中に全国50の地方裁判所本庁でウェブ会議による争点整理を可能にする。原告側と被告側は裁判所に行かなくてもすむ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]