/

中国の感染情報隠蔽に警告 米大統領「故意なら報い」

【ワシントン=共同】トランプ米大統領は18日の記者会見で、中国から始まった新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の経緯について「中国が故意に引き起こしたのなら報いを受けるべきだ」と警告した。中国が初動対応で情報を隠蔽していた可能性を念頭にした発言とみられる。意図的と判断した場合、どのような措置を取るかは明らかにしなかった。

トランプ氏は「この件を引き起こすまで中国との関係は良かった」と指摘し、中国の新型コロナ対応に不満を表明。米国がどう対処するかについて、中国の対応が「ミスにより収拾がつかなくなってしまったのか、意図的だったのかによる。二つには大きな違いがある」と強調した。

その上で、中国は米国の専門家による調査を早期に受け入れるべきだったと非難。「たぶん彼らはまずいことが起きていると知りつつ(公表するのが)恥ずかしかったのだろう」と指摘した。

新型コロナは中国湖北省武漢市の市場から感染が拡大したとされているが、米政府は同市の研究所からウイルスが漏えいした可能性を調べている。トランプ氏は感染拡大の経緯について「中国も調査していると言っているので結果を見てみる。われわれも調べている」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン