福井県、全戸にマスク購入券配布 100枚まで

2020/4/19 14:09
保存
共有
印刷
その他

福井県はマスク購入券を全世帯に配布する

福井県はマスク購入券を全世帯に配布する

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが入手しづらい状況が続くなか、福井県は19日、マスクの購入券を県内の全戸に配布すると発表した。23日からはがきの形で発送し、4月24日~5月10日に県内に64店舗あるドラッグストア「ゲンキー」に持参すれば、1箱50枚入り(2350円)のマスクを2箱まで購入できる。マスクは県が調達し、在庫を用意する。

県によると、同様の取り組みは都道府県で初めて。宛名は明記せず、郵便局が把握している全戸に配布する予定。県内には3月1日時点で約28万9千世帯あるが、30日までには全てに届けられるという。県の担当者は「個人情報の収集には時間がかかるため、配布のスピードを優先した」と話す。

県はマスクを販売するフジコンコーポレーション(福井県鯖江市)など2社から大人用の不織布マスク約30万箱をまず調達。数日に分けてゲンキーの各店舗に出荷する。全世帯が2箱購入した場合は不足するため、今後も調達を続ける。

ゲンキーは利益を上乗せせず仕入れ値で販売する。ゲンキーを運営するGenky DrugStoresの担当者は「来店者が集中して一時的に欠品する場合があっても、必要な分は必ず入荷される。3密にならないよう、開店時間など混み合う時間帯を避けて落ち着いて来店してほしい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]