/

この記事は会員限定です

緊急対策実現に2カ月 熟議の理念も壁 首相は陳謝

[有料会員限定]

政府・与党は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策を盛り込んだ2020年度補正予算案を20日に決める。個人への現金給付は5月以降となる。安倍晋三首相が取りまとめを指示したのは3月中旬。危機下でも執行まで2カ月ほどかかる背景には日本の民主主義の仕組みがある。

首相は17日の記者会見で「混乱は私自身の責任で国民に心からおわびしたい」と陳謝した。首相は減収世帯への30万円給付をやめ1人一律10万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン