墨東病院、新たに11人感染 外来などを停止

2020/4/18 21:09
保存
共有
印刷
その他

東京都は18日、都立墨東病院(東京・墨田)の入院患者や看護師ら11人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。同病院での感染者は累計23人になる。都は院内感染の可能性が高いとみて感染経路の特定を進める。

同病院は新型コロナの感染者らを受け入れる「感染症指定医療機関」。院内での感染拡大を受け、新型コロナの患者などを除き、新たな入院の受け入れと新規の外来を原則中止する。同病院では今月9日以降、院内で12人の感染が明らかになり、患者1人が死亡している。

今回感染が確認されたのは入院患者3人と、看護師など病院スタッフら8人。いずれも新型コロナの患者を受け入れていない一般病棟で確認された。

都は18日に都内で181人の感染が判明したと発表した。墨東病院の11人はこれに含まれておらず、19日以降の発表分に計上される見通し。

都内では永寿総合病院(東京・台東)や中野江古田病院(同・中野)などでも患者や職員の大規模な集団感染が発生している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]