/

渋谷署の留置人5人感染 留置場閉鎖へ、警視庁

警視庁は18日、渋谷署に留置されていた20~60代の男5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。渋谷署の留置人の感染は計7人となり、警視庁は同署の留置場を週明けにも閉鎖して消毒作業をする方針だ。

同庁によると、同署で4月に入って感染が判明した留置人2人の感染経路が不明だったことから、16日に全ての留置人と、接触のあった署員の計約50人に一斉にPCR検査を実施。その結果、18日に5人の感染が確認された。他の留置人と署員は陰性だった。

留置場の閉鎖に伴い、同署の留置人は別の留置施設に移送する。留置場では室内で留置人同士に距離を取らせることや、検温を毎日実施するなどの感染防止策を実施しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン