日本医師会が有識者会議、新型コロナ治療法など助言

2020/4/18 18:08
保存
共有
印刷
その他

日本医師会は18日、感染拡大が続く新型コロナウイルスの治療法や医療提供体制の整備などを検証し、学術的な立場で助言する「医学有識者会議」(座長・永井良三自治医科大学長)を設置し、同日、初会合を開いた。日本医師会の横倉義武会長は18日の記者会見で「感染者が増える中、学術面で臨床現場を支えてもらいたい」と述べた。

今後テーマごとに専門家によるタスクフォースを設置。どの治療薬が科学的に効果を期待できるか指針を示したり、症例データベースを作ったりすることを検討している。永井座長は「信頼できる情報を臨床現場に提供することが重要。医学界が一体となって支援したい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]