原油供給調整、日量1500万バレルに IEA事務局長

2020/4/18 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル事務局長は17日、日本経済新聞とオンラインでのインタビューに応じた。サウジアラビア主導の石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどで構成する「OPECプラス」の協調減産に米国や中国が協力し、日量1500万バレル規模の供給調整が実現する見通しであると明らかにした。原油市場の安定は日本などエネルギーの純輸入国の利益にもなると述べた。

OP…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]