/

医療用ゴーグルなど100万個以上増産 山本光学

(更新)
山本光学が増産する保護ゴーグル

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ゴーグル大手の山本光学(大阪府東大阪市)は医療向けに大幅増産する。保護ゴーグル、保護メガネ、フェースシールドについて、これまで供給していた分に加え、5~9月に合計100万個以上を積み増す。政府からの増産要請に応える。

山本光学が増産するフェースシールド

樹脂、金型、成型などの取引先に協力を依頼し、増産態勢を整えた。基本的に国内工場で対応する。ゴーグル、メガネ、フェースシールドは幅広い産業で使われるが、今回の増産では医療に最も向いている仕様の1品目ずつに絞り込んだ。

保護ゴーグルは外から空気が入らないように目の周辺を密閉する。保護メガネはそれより簡易な構造で、感染リスクが相対的に小さい現場に向いている。フェースシールドは顔に飛沫がつくのを防ぐことが可能で、マスクなどと併用する。保護ゴーグルとフェースシールドには曇り止めも施してある。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン