/

世界の新型コロナ死者数、15万人超 米中で集計見直しも

(更新)
新型コロナへの対応に追われるなか、休息する医療関係者(ニューヨーク市)=ロイター

【シリコンバレー=白石武志】新型コロナウイルスの感染による累計死者数が世界で15万人を超えた。米ジョンズ・ホプキンス大学によると、米東部時間17日午後6時(日本時間18日午前7時)時点の世界の死者数は15万3千人超になった。米国や中国で集計を見直した結果、死者数は前日に比べ約1万人増えた。感染者数は累計で220万人を超え、新規感染のペースはなお高止まりしている。

同大学の広報担当者によると、米ニューヨーク州やメリーランド州、オハイオ州などの当局が、これまで集計に含めていなかった新型コロナによる死亡の疑われるケースについても死者数に加え始めたという。米国の死者数は累計で3万7千人近くとなり、世界全体の死者数を押し上げた。

中国でも湖北省武漢市の当局が在宅での死者数などを集計に加える見直しをした結果、中国全体の死者数は従来よりも約4割増えて累計で4600人超となった。同様の動きが他の国や地域に広がれば、死者数の集計値がさらに増える可能性がある。

1日当たりの新規の感染者数は世界で約10万人となり、なお高い水準が続いている。累計感染者数の国別の内訳では米国が最も多く68万人超で、世界全体の3割に相当する規模となっている。

トランプ米大統領が16日夕に新型コロナの感染者が少ない地域から段階的に経済活動の再開を認める方針を示したことで、外出制限などの一部緩和を探る州も出始めた。テキサス州のアボット知事は17日の記者会見で、24日から生活必需品ではない小売業の店頭でも商品の引き渡しを認めると明らかにした。

カリフォルニア州のニューサム知事も失業率の急上昇などの経済的混乱からの回復に向け、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)や米ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー会長、米連邦準備理事会(FRB)前議長のジャネット・イエレン氏らが参加するタスクフォースを組織すると表明した。

ただ、全米で最も新型コロナの感染が深刻なニューヨーク市のデブラシオ市長は17日、5~6月もコンサートなどのイベントの開催を禁じる考えを示した。同市長は「他の地域に比べて状況は異なる」と述べ、「感染が収まったことを確認してから再開に向けたステップをとる」と外出制限などの緩和に慎重な姿勢を示した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン