/

トランプ氏「死者数の最多は中国」、新型コロナで

(更新)

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は17日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染による死者数を中国が訂正したことに関連し「世界で中国が最多に違いない。巨大な国だ」と語った。米国の死者は世界最多だが、トランプ氏は新型コロナの感染者数などを巡って中国の発表は透明性に欠けると訴えてきた。米国での感染拡大による自らへの批判をかわす狙いがありそうだ。

トランプ氏は同日、ツイッターに「中国は目に見えない敵からの死者数を2倍にして公表した。実際にはその数字よりもずっと多く、米国よりもはるかに多い」と書き込んだ。

また、新型コロナへの世界保健機関(WHO)の対応を再び批判した。2019年末に台湾が中国内でのヒトからヒトへの感染拡大の可能性をWHOに警告したことについて、米シンクタンクの有識者のコメントを引用し「なぜ台湾当局からのメールを無視したのか」と指摘した。

WHOが20年1、2月に新型コロナについて「不正確だったり誤解を生んだりする主張を展開」していたとも訴えた。一連の主張は、米国によるWHOへの資金拠出の停止を正当化する狙いがあるとみられる。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン